会長よりご挨拶

ご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
皆様には、つつがなく新年をお迎えになられたこととお慶び申し上げます。

さて、国の月例報告で「景気は、緩やかな回復基調が続いている」先行きも「雇用・所得環境も改善が続く」と報じられています。しかし、一方で商店街を取り巻く環境は、大型店だけではなくインターネットを利用した通販の利用拡大など購買方法の多様化やお客様の高齢化によって買い物客が減少するなど厳しいものがございます。

加えて本年10月に予定されています消費税増税によって、個人消費の減退、駆け込み需要とその反動減の影響等が出るのではないかと懸念しております。

これからの商店街は、地域社会や経済環境が変わって行く中で、未来志向の新しい商店街に変わる分岐点に差し掛かっております。商店街の活性化とともに地域のコミュニティの拠点として更なる公共的役割の深化を進めて行きたいと考えております。

今年の4月で平成が終わるというのは寂しい気もしますが、新しい元号とともに希望のある時代が築けますよう、本年も皆様がご健勝でご活躍されますことを祈念し、年頭のごあいさつといたします。